季節のおすすめ商品

記事に掲載の価格は改定されている場合があります。現在の価格は、最新のチラシまたはお電話にてお確かめください。

畑の土起こしやお芋掘りに アルミ土起こし

アルミ土起こし


価格:3,065円(税込)

本体:長さ105cm・巾46cm・重さ1.6kg
爪部分:長さ30cm・巾20cm

アルミ土起こし大きさアルミ土起こし使用例3アルミ土起こし使用例2

畑の土を楽に深く耕せます。
足で踏み込んで、てこの要領で起こします。
秋の芋掘り、冬の転地返しなどに力を発揮!アルミ製本体も軽くて取り回しも簡単です。

※石がある場所や、土の固い所は無理に力をかけると変形、破損の原因になります。
土が固い場合は、一度に踏み込まずに、少しずつ踏み込み、起こし作業を繰り返してください。

たけのこ掘りに春の山へ… たけのこ鍬(くわ)

たけのこ鍬

たけのこ鍬(くわ)


「土佐型」…刃の長さ27cm 7,560円(税込)
「愛媛型」…刃の長さ33cm 9,800円(税込)


たけのこ掘りにぼっちり!(=最適、の意。土佐弁。)の鍬(くわ)です。
細身、軽量で狙いの定めやすい愛媛型と、肉厚、頑丈でパワー重視の土佐型。

地面の中から、枯葉をちょっと持ち上げているぐらいの若いたけのこを「黄イ子」といって、やわらかさとエグミの無さで喜ばれます。
なるだけ深い根っこから出ているのが上物で、そんな黄イ子を掘り取るには必須の道具です。

地面に打ち込んだ後、テコのようにコジて使うと、頑丈な土佐型でも曲がってしまいますので注意。
うまくたけのこの根元にヒットすると鍬を「こそばす」くらいの動かし方で根から断ち切ることができますので、後は周りを掘り崩しながら収穫します。


山から持って下りるときには、こんな背負いかご
丈夫なドンゴロス(南京袋・麻袋)もご一緒にいかがでしょうか。

ドンゴロス(南京袋・麻袋)

ドンゴロス(南京袋・麻袋)


価格:432円(税込)
サイズ:60×98cm

ソバなど穀物袋に使っていたリユース品です。
そのため汚れや穀物臭はご承知おきください。

てこの原理で楽に掘れる、イモ掘りフォーク

イモ掘りフォーク

イモ掘りフォーク


写真左(3本爪、重量)
価格:14,500円(税込)
サイズ:重さ5.2kg・長さ116cm・穂長40cm

写真右(4本爪、軽量)
価格:8,480円(税込)
サイズ:重さ2.2kg・長さ115cm・穂長30cm

ジャガイモ・サツマイモの収穫にはこの道具、イモ掘り用フォークです。
足で踏みつけて畝に突き刺し、体重を利用した「てこの原理」で楽に掘り起こしができます。
イモ掘りだけでなく、冬場の天地返しなど、深く耕起する際にも使えます。

土質が重い(粘土質)場合、力がかかりすぎると刃が変形することがありますので注意!

銀杏(ぎんなん)の殻むきにコレ!銀杏(ぎんなん)割り

銀杏(ぎんなん)割り

銀杏(ぎんなん)割り


価格:1,382円(税込)

前回の銀杏(ぎんなん)果肉剥き用攪拌棒に続いて、今回はあの硬〜い殻むきに便利な道具、銀杏(ぎんなん)割りのご紹介です。
この銀杏(ぎんなん)割りは、ペンチの口を銀杏(ぎんなん)の丸みにあわせて曲げてあり、
殻と一緒に中身までつぶしてしまう失敗がありません。
たくさん拾ってきた銀杏(ぎんなん)、これで楽に下処理できますね!

さて、銀杏(ぎんなん)の簡単な食べ方をご紹介。
紙の袋(少量なら、普通の茶封筒で可)に殻付きの生の銀杏(ぎんなん)を入れて、しっかり口を閉じます。
それを電子レンジで、1〜2個「ぱん」と爆ぜる音がするくらいまで加熱すればOK!
直火で炒った時と比べて、冷めると硬くなるので、適量調理で熱いうちにどうぞ〜


直火で炒って食べたい派(?)の方にはもちろん、木の実炒りもあります。
直火で炒ると、シイの実なんかも風味があっておいしいですね。

木の実炒り

木の実炒り


価格:1,625円(税込)
サイズ:φ20cm×深さ5.5cm

銀杏(ぎんなん)の皮・果肉部分の処理に。銀杏(ぎんなん)剥き用攪拌棒

銀杏(ぎんなん)剥き用攪拌棒

銀杏(ぎんなん)剥き用攪拌棒


価格:5,760円(税込)
サイズ:全長53cm(柄35cm 攪拌部18cm)攪拌部径 φ10cm
素材:ステンレス

↓の写真のように、チャック式の電動ドリル(別売)に取り付けて使用します。

銀杏(ぎんなん)剥き用攪拌棒使い方秋になると手軽に拾える銀杏(ぎんなん)ですが、食べるまでの下処理がけっこう面倒…というわけで、銀杏(ぎんなん)の果肉部分を取り除いて種だけにするのに便利な道具です。

つぶれるくらいまで良く熟れた銀杏(ぎんなん)と水をバケツに入れ、ハンドミキサーのようにガーッと攪拌すると楽に果肉がはずれます。
銀杏(ぎんなん)と水の量は、攪拌しやすいように適宜調節してください。
連続使用によるモーターの焼き付きにご注意ください。

| 1/1ページ |
ご注文・お問い合わせは…
ご注文は、 »
チラシを見てお電話で!
商品のご注文・お問い合わせは、お電話にて承ります。FAXもご利用いただけます。お気軽にお問い合わせ下さい。
お電話で…TEL:088-864-2236
FAXで…FAX:088-864-2158・FAXご注文書ダウンロード
今月のチラシはこちらから